MENU

薄毛の悩み

抜け毛を気にする人が手に取るものといえばいわゆる育毛トニックが多いでしょう。お高いものではないので、若い男性にも購入しやすく、効果のわかりやすいCMもよく見かけます。使用感が非常にスッキリとしていて愛されている理由の一つでしょう。



育毛効果を実感された人も居ますがあいにく効果のなかった人に分かれますので、自分には効かないのでは?と思った場合は早めに違った対策をとることを推奨します。

クリニックで行われている薄毛治療のひとつに、点滴(注入)療法というものがあります。




薬として服用してもすぐに体外に排出されてしまうビタミンやミノキシジルなどの配合液を地肌に注入するので、その他の摂取方法に比べると育毛効果が強く感じられるようです。同じ注入方法でも注射と比べると、所要時間が長くなり、診察代(初診・再診)もかかるので、同じ薬剤を使っていても注射より料金が高めというケースが多いようです。点滴は注射より長く時間をかけるため、頭痛や悪心、動悸などの副作用が起こりにくく、すぐに対処ができるという安心感は、ほかの治療では得られない、点滴の最大のメリットでしょう。髪が薄くなったのがAGAのためであるときは、ありふれた育毛剤では効果が薄いでしょう。


原材料にAGA有効成分が含まれる育毛剤を使用するか、AGAの治療を受けるようにしたほうがよいでしょう。

AGAでは、なるべく早く有効な手を打たないと、薄毛の進行は止まらないので、あれこれ悩んでいるだけで無く何らかの手段をとりましょう。

薄毛には自覚症状があります。髪が細くなっていままでと同じような髪型が似合わなくなってきたり、薄くなってきたように自分で感じたら、早めに対応をとることが肝心です。気になるほど毛が減るのを待ってしまうと、すでに頭皮や毛根はかなりのダメージを受けているでしょう。


放置して復活するパターンは残念ながら少ないです。早めに対応しないと、育毛剤の効果が得にくくなるだけでなく、発毛ができない(毛根がない)状態になってしまうかもしれません。そうした手遅れの状態にならないためにも、早めをお薦めしているのです。



きちんと効果のある育毛方法を見つけるためには、AGA(薄毛)検査を受けるのが良いでしょう。AGAというのは男性型脱毛症の総称ですが、それ以外の原因で薄毛が進行していることもあります。




特効薬と言われる薬が効かない場合もありますし、ためらわずに早めに確認しておくことが、先々に良い結果をもたらすでしょう。

検査は、皮膚科医院、育毛専門クリニックへの来院のほか、検査キットを購入して自分で判断することもできます。インターネットで、日本語で購入することができますから、来院に抵抗がある人でも使用できるのではないでしょうか。



ただ、検査キットではクリニックほどの精査は得られないので、もっと詳しいことが知りたい場合は来院したほうが良いでしょう。

いつ育毛剤を使い始めたらいいのか、迷う人も少なくないようですが、見た目に髪のボリュームが減ったり、抜け毛や白髪が増えたような気がしたなら、すぐにでも育毛剤は使い始めても構わないでしょう。

今日、身だしなみに気を使う人は多く、髪についても正確な自己判断のできる人は増えており、周りには知られていないけれど、育毛はとっくに始めている、という人は大勢いるようなのです。

周りは誰もしていない、まだまだ大丈夫、などと安易に考えていると、育毛のスタートは遅れるでしょう。育毛剤のリアップは知名度がなかなか高い製品ですが、リアップの正体は、AGA治療薬である医薬品ミノキシジルですから、様々な育毛剤と比べても、育毛効果が出やすいでしょう。シャンプーやリンスなどが抜け毛の原因となっていることもあるため、シャンプーやリンスの使用を中断して、湯シャンにしてみることで、育毛がうまくいくようになる可能性があります。湯シャンの前にはブラッシングをして、それからぬるま湯で頭全体を流しながら洗い、その際ゴシゴシこすってしまわず、お湯を流しながら、毛穴を広げるようなイメージで、汚れをおとしていくようにするのが湯シャンの肝と言えるかもしれません。


シャンプーやリンスを全く使用しないと、汚れが落ちるのが気になりますが、お湯の洗浄力は意外に強く、皮脂を洗い落としすぎないようにお湯の温度はぬるめに設定しておいた方がよいでしょう。




洗った後は、リンスがわりにクエン酸、お酢などをお湯にとかして使うと、髪がキシキシした感じになりません。年齢を重ねるにしたがって、身体の悩み事も出てきます。

例えば、薄毛の進行や抜け毛の増加など、毛髪に関係するものがあります。



原因として考えられるのは、加齢、遺伝、不規則な生活や偏った食事などで、色々あります。ちなみに、薄毛を気にしすぎて、精神的なストレスを感じて、さらに薄毛が悪化、というような人もいるそうです。それはそうと、最近、その抜群の育毛効果で注目されているのがプロペシアです。

これは男性型脱毛症の治療薬であり、服用するものですが、とても良く効く薬なのですが、一方で副作用の報告もあり、注意が必要です。



ハーブの中には、育毛に役に立つものが存在し、そういったハーブは、育毛剤やシャンプーに使われることも多いです。頭皮のコンディションがハーブによって整えられることで、髪の毛もまた正常なコンディションに戻ったり、発毛しやすいようなベースを作り上げたりします。




また、男性ホルモンが分泌されすぎた場合、髪の毛が薄くなるとされていますが、その過剰分泌を抑止する効能もあります。それに、ハーブの良い香りによって多くの人は心地の良い気分になることができ、脱毛の要因として挙げられるストレスをなくすことにも役に立つということも、挙げられます。抜ける事無く健やかに育つ髪を手に入れたいなら、頭皮の血液循環を改善する点を避ける事はできません。育毛には欠かせない栄養素を頭皮全体に届く様にするには血液がよく循環している事が必要です。

血液が頭皮を良く巡っていないと薄毛を予防しようとしても望ましい結果が得られないことが殆どでしょう。

まずは血の巡りを改善する事を常に気をつけてください。


薄毛の悩みも様々ですが、中でも難しいと言われるのがおでこの部分で、さらにごまこそうにも難しい部分です。つい生え際に目が行くようになったら、専門的な検査を受けてAGAかどうかを調べてみましょう。もし、AGAと診断されなければ、マッサージで頭皮をほぐしたり、浸透力の高い育毛剤を使ってみてください。


おでこが気になる人は、早めに対策をはじめるのが大切です。ご存知の方も多いでしょうが、ドライヤーの風を頭髪に長い時間当てるのは、髪を痛める恐れがあるので、大変よくありません。

「大体乾いたかな?」といった程度でドライヤーの使用を切り上げた方が、髪を健康にしておくためには良いそうです。それから、髪にドライヤーを使う前に、育毛剤を利用して頭皮のマッサージを行いましょう。こうすることで、マッサージ後、使用されるドライヤーの熱により、先程マッサージに使った育毛剤が、頭皮にジワリと染み込んでいくはずです。




ドライヤーを髪に使っていてると、そのうち頭皮まで熱は伝わりますから、頭皮に直に、ドライヤーの温風を当てないようにしましょう。

ドライヤーを正しく使えると、髪のお手入れのレベルがあがりますので、なるべく要領のいいやり方で、賢く使用しましょう。



抜け毛を減らしていくためには、頭皮の状態を整えていくことが必要です。

そのため、育毛や発毛について考慮された専用のシャンプーを使ったほうが良い効果が得られます。市販のシャンプーの場合は低刺激のものを探しても、高分子アルコール系の強い洗浄成分を有するものが多く、これらは普通に泡がなくなるまで流しても肌や髪にとどまり、ときには地肌に深刻なダメージを与えてしまうこともあります。その点、育毛専用のシャンプーなら、必要以上に皮脂を取り去ることなく汚れのみをやさしく洗浄してくれます。皮膚科でも頭皮のケア用として血流を促進するローションが処方されることがありますが、育毛シャンプーでもそうした効果のある成分が含まれている商品も多いです。育毛の手始めとしてシャンプーから入ってみるのも良いかもしれません。



大豆で作られている食品に含有されていることで有名なイソフラボンは、育毛の手伝いをしてくれると期待できます。

女性ホルモンに近い働きをしてくれるイソフラボンは、男性ホルモンが必要以上に分泌しようとするのと防ぐ作用があるでしょう。毎日和食を中心に食べていたら意識することなくイソフラボンを体に入れることができますが、それが無理でサプリで摂取する際には、必要な用量より多く摂ってしまう危険があるので気をつけてください。



育毛や頭皮ケアを目的としたヘッドスパでは、椿油を取り入れているところもあります。


家庭でも手軽にできるので、試してみてはいかがでしょう。椿油はオレイン酸を多く含み、不乾性油に分類されます。

油は空気に触れると徐々に酸化して乾燥する(粘度を増す)のですが、オレイン酸は高温でも変質(酸化)しないため、理美容効果を期待して化粧品の保湿剤やヘアクリームなどにも使われています。サラサラしている油なので扱いも簡単ですし、ほてりもありません。

普段のシャンプーの前に椿油を使ったマッサージをするだけで、頭皮を柔らかくし、洗髪後の地肌の潤いを長くキープして、頭皮が本来持っている回復能力が充分に発揮できる土壌を作る効果が期待できますが、もともと乾燥気味だった人は早いうちから効果を実感できるでしょう。

脂性の人の場合は、保湿で余分な皮脂の分泌が抑えられるという効果もあります。




また、肌の状態を一定に保つため、夏でも使用することができます。肌の老化やトラブルにつながる過酸化脂質の分泌を抑えるので、育毛に良い影響を与えるはずです。


頭皮マッサージ以外では、髭剃りあとのケアにも同様に使えるほか、いま使用しているトリートメント剤に代えて椿油を使用すると、熱に強いのでドライヤーの温風による乾燥から髪と地肌を保護し、適度なツヤによって白髪を目立ちにくくする効果もあります。


抜け毛が気になってくると、まず考えるのは育毛剤でしょうか。といっても、いざ育毛剤を前にすると、数が多数ありどの育毛剤が効果的なのか、決めかねてしまうものです。

人気のある商品の方が効果があるとは限らず、口コミを参考にして自身に合う育毛剤を上手に選びましょう。

関連ページ

副作用のない育毛剤を使いたい!
副作用のない育毛剤を使いたい!育毛剤でm字型薄毛対策をしようと考えている方は、タイプ別の育毛剤を選ぶべきです。男性の薄毛にはタイプがあって、ひとつは前頭部からのM字ハゲでもう一つは頭頂部や後頭部からのハゲです。各症状にあった有効成分が入った育毛剤を選ぶことが重要なのです。
M字ハゲ対策
M字ハゲ対策!育毛剤でm字型薄毛対策をしようと考えている方は、タイプ別の育毛剤を選ぶべきです。男性の薄毛にはタイプがあって、ひとつは前頭部からのM字ハゲでもう一つは頭頂部や後頭部からのハゲです。各症状にあった有効成分が入った育毛剤を選ぶことが重要なのです。
男性の薄毛は男性ホルモンのせい
男性の薄毛は男性ホルモンのせいです。育毛剤でm字型薄毛対策をしようと考えている方は、タイプ別の育毛剤を選ぶべきです。男性の薄毛にはタイプがあって、ひとつは前頭部からのM字ハゲでもう一つは頭頂部や後頭部からのハゲです。各症状にあった有効成分が入った育毛剤を選ぶことが重要なのです。
東洋医学でハゲは治る?
東洋医学でハゲは治る?育毛剤でm字型薄毛対策をしようと考えている方は、タイプ別の育毛剤を選ぶべきです。男性の薄毛にはタイプがあって、ひとつは前頭部からのM字ハゲでもう一つは頭頂部や後頭部からのハゲです。各症状にあった有効成分が入った育毛剤を選ぶことが重要なのです。